レビトラの画像

必要な時にすぐレビトラを

レビトラは世界で2番目に誕生したED治療薬です。食事の影響を受けにくいという大きなメリットがあります。また即効性があり効力が強いというデータもあり、必要なタイミングで服用するという使い方がベストです。

レビトラ服用における食事の限度

■レビトラを手に入れる
レビトラ 通販
レビトラは日本の厚生労働省が認可するED治療薬のひとつで、性機能に悩む男性の多くが知る飲み薬です。PDE5阻害薬に分類され、勃起を阻害する酵素を抑え、血管を拡張することで海綿体への血液の増進を促し、勃起力を維持する作用があります。他のED治療薬よりも即効性に優れた特徴を持ち、服用して20分ほどで効果が発現することから、いまから性行為を始めるというタイミングでも利用できるのが大きな利点となります。ED治療薬は食事による影響を受けやすいため、食後に治療薬を服用すると、効果が現れない、あるいは効果が薄まるというのが通説です。レビトラだけは食事の影響を受けないという噂も流れていますが、それは誤りで、食事の影響は間違いなく受けます。正確には食事の制限がかかっており、限度を超えずに軽食で済ませれば影響を受けにくいというものです。レビトラは「標準的な食事の影響は受けない」と言われており、この「標準的」という言葉がかなり曖昧なため、誤った情報が流れている可能性があります。標準的な食事とは、栄養学的に700kcalで、脂肪を30%以内に抑える必要があるため、正しくは210kcalまでが影響を受けないということになります。例えば牛丼の並や中盛りでは影響を受ける可能性が高く、たとえ低カロリーであっても脂質の高い食事では影響を受けやすいことにもなります。そのため、脂っこいものや肉料理を中心とした食事をとると、レビトラによる効果が薄まる可能性が高いです。もしも、レビトラを使用する場合は、食事は最低限にして食後に服用するか、食事の1時間前の空腹時に使用することが推奨されます。高カロリーの食事をした場合は、食後から2~3時間は時間を空けてから飲むようにしなくてはいけません。

レビトラはどのタイミングで飲む?

レビトラの主成分はバルデナフィルです。バルデナフィルの特徴は即効性であり、似たような効果を持つ別企業の製品よりもレビトラの方が短時間でEDが治り始められます。ED治療薬は多々ありますが、効果の最高潮が一時間以内で生じる製品はほぼレビトラのみです。個人差はありますが、バルデナフィルは40分から60分以内で体内に取り込まれ、勃起に適した肉体へと改善されます。バルデナフィルの第二の特徴として挙げられるのが、勃起の品質の良さです。EDを治すだけなら、どの製品を飲んでも一定の効果が得られます。一方で大勢の男性が挙って、レビトラをチョイスする事には明確な理由があり、バルデナフィル特有の強力な作用によって、短時間で太くて逞しい亀頭と陰茎が得られる点が評価されています。レビトラを飲むタイミングですが、効果が最高潮を迎える時間帯を逆算すれば、およそ一時間前に服用するのが正しいです。それ以上早く飲み過ぎると、性行為に至る前に薬効のクライマックスに至りますので、いささか錠剤がもったいない事になります。また、性交が実際に始まったから飲むのは、逆に遅すぎです。いくら即効性が強いバルデナフィルとは言え、数分でペニスを勃起させる作用はありません。レビトラは若い男性ですと、20分から30分で萎えを知らない逞しいペニスが得られますが、ピストンを始める直前に飲めば、薬効はまだ身体に生じず、ED状態のまま事を始めざるおえません。ED治療薬の中でもレビトラは比較的食事の内容によって効果が左右され辛い製品です。小腹を満たす程度の間食であれば、バルデナフィルの薬効阻害されませんが、いわゆる高カロリー食を食べた直後にレビトラを摂取すれば、食事の影響によってペニスを勃起させる作用が効きづらくなります。そのため、薬効を正しく作用させたい方は食前を意識して取りましょう。

レビトラの持続時間はどれくらい?

レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬で、ドイツの製薬会社が製造、販売している飲み薬です。オレンジ色のパッケージとコーティングされた錠剤は他にはあまり見られず、特徴的なデザインとなっています。販売される規格は5mg、10mg、20mgの3つで、基本的に病院で処方されるのは10mgからとなります。10mgで効果が見られない場合に限り20mgが処方されますが、ピルカッターで半分に割って使用するために、最初から20mgで購入する人も少なくないようです。食事に影響を受けにくい性質から、軽めの食事のあとに飲んでも効果は十分に発揮され、早い人なら20分で発現するため、他のED治療薬よりも即効性に優れています。また、持続時間は服用する容量によって違いがありますが、3大ED治療薬の中では真ん中の位置し、10mgなら4~5時間、20mgを飲めば最大で10時間は持続します。即効性と共に比較的に使いやすい治療薬で、服用したから慌てて性行為に入る必要もなく、勃起力が持続しやすいことから1回では終わらずに、人によっては複数回の利用ができると言われています。レビトラは効果が早く効き始めることから、最高血中濃度への到達時間が短く、つい緊張をほぐすためにお酒と一緒に飲む人がいますが、適量を超えて飲んでしまうと、血管拡張作用によってアルコールが回りやすく、急に倒れてしまうこともあるため、深酒はしないように注意しましょう。副作用は少ないと言われていますが、急激な効果の発現で、血管拡張を行うため頭痛が起こりやすく、性行為に集中できないこともあるので、痛みが煩わしいと感じたら頭痛薬を一緒に飲むようにしましょう。

■薬による治療が手軽で確実です
ED治療ができる大阪の病院
■レビトラ以外も手に入る
医薬品 ネット販売
■なんとシアリスのほうが長時間の効能が!?
選ぶならシアリスがおすすめ